ポートレート

桜ポトレ。伊豆下田駅に行ってきました!

 

 早咲きの河津桜目当てでしたが今年は開花が早く、既にもう桜が散ってなくなっていました。季節のものって一瞬なので、今だって時にいけることが重要ですね。

熱海駅から伊豆下田駅にポートレートへ行こう

 伊豆急下田駅に行くには、熱海駅で乗り換えです。

黒船電車

 豪華な列車ですが、「普通列車扱い」のようでアナウンスをしていました。普通列車で特急券無し、乗車券のみで乗車可能で普通に嬉しい。フカフカの椅子と足元からの暖房で昼寝にすごく良い列車です。

 

伊豆急下田駅「開国の湯」は待ち合わせの場所

 伊豆急下田駅についてすぐに、待ち合わせ場所である「開国の湯」を探すもそれらしい温泉施設は見つからず。観光案内で聞きました。

無料で利用できる足湯でした。

 撮影日の2月最終日も、利用している人がいました。

散ったで桜ポートレート

 今回のポートレートのテーマは「卒業」制服での撮影でした。生憎の雨でたくさん濡れましたが、それが泥臭くて青春ぽい。

卒業をテーマにしたので、カメラマンさんが花束を用意してくれました。
撮影の合間に使ったビニール傘

  卒業して花道を歩き、在校生に見送られながら学校を去る。

動画で撮ったものをスクショしました

 制服についた桜が綺麗です。

 もう学校に思い残すことはないよ!!と言う笑顔。

私がJKの時と制服の着こなし方が違う

 在学の時は拘束があったので、自分の好きな制服の着こなしはできなかったです。でも当時良いとされていた着こなしは、「ミニ丈のスカート(パンツ見えそう)」に「紺色ソックス派多め」「袖が長いセータ(萌え袖)」「ワイシャツのボタンは結構開ける」「つけま有りのゴテゴテ盛りメイク」「夏でも長袖のワイシャツを折って7分丈にして着る」でした。

 学校から出た途端、制服の着こなしが怪しくなるのはあるあるですね。

 今回のポートレートは2020年版に近いJKの着こなしをさせてもらいました。

  「膝丈スカート」「短めソックス」「ワイシャツのボタンを開けるのは、控えめ。(苦しくない程度に)」「メイクはナチュラル」です。

 華の女子高生が、こんな清楚(地味)でいいにかと思う程。本当に可愛い子は地味でも華があるけども。私はゴテゴテに顔面詐欺が許されていた時代で助かった。

伊豆急下田付近「開国厨房 なかなか」

 撮影終わりに行きました。チェーン店じゃないところに行きたくてこのお店にしました。

 魚が入った味噌汁がすごい美味しかった。味噌汁に入った魚は身も少しついていました。残さず食べました。お肉も味が濃いめで、お酒にも合う味。流石居酒屋さん。この定食は1300円でした。御通しはお寿司2かんで500円でした。

雨に濡れたけれど楽しい撮影でした。

 彼氏もちが撮影終わりのご飯しても良いのか。データのやり取りなどや休憩などで、カフェに行くことは普通にあります。私的なやり取りを撮影後に連絡を取ることはありませんが、撮影当日はご飯に行ったりすることもあります。

 それがよしとされているのは、ちゃんと彼氏に報告しているのと、彼氏がカメラをやっているからです。その都度浮気を疑われたりしないのは本当にありがたいこと。当日に撮ったデータをカメラ画面で見た時、ときめきます。

 出来上がりのデータが楽しみです。

読んでくれてありがとうございました。

RELATED POST