妊娠中

妊娠8ヶ月、28週で逆子ちゃん。帝王切開は避けたい。

母子ともに健康です。安定期に入ってからの大きな悩みは体重増加と便秘ぐらいでした。

18週から確実に胎動を感じるように。

最初はハムスターが這うようなくすぐったさでした。

6ヶ月検診まで同じ体勢の赤ちゃん。

同じ場所が気に入ってしまったのか、定期検診ではいつも同じ格好でした。

この位置から動きたくないよー。

先生に胎動を意識するように指摘されてからは、胎動を感じなくなると不安でした。(へその緒が絡まっていて動けない事を心配されていたのかも。)

エコー検査でも問題なく心拍数も順調で一安心でした。

体を左下に向けてシムス位で眠るようにしました。

7ヶ月検診で背中の向きが変わる。

睡眠中の姿勢が影響したのか、赤ちゃんは逆子のままで、背中の向きが逆になりました。

横にくるりと回転した姿を想像したら、思わず笑ってしまいました。

逆子(骨盤位)は直らず思い通りにはいきませんでしたが、まだまだ羊水もたっぷりで、動ける余裕があるから大丈夫だそう。

(丸まった姿勢の赤ちゃんが可愛かったですね。)

胎動も有り、赤ちゃんが好きに動いていることが確認できたので、先生から好きな姿勢で寝ても良い許しが出ました。笑

12分で20回の胎動がありました。(自分調べ)

8ヶ月検診で6ヶ月検診と同じ姿勢に。

左側に回った背中がまたしても右側に向いていました。うちの子は頭が上、お腹の右側を背にした位置がお気に入りのようです。

定位置バンザーイ

妊娠8ヶ月、28週で逆子体操はじめました。

猫の伸びの姿勢をキープ。

膝を肩幅に開いて床に、頭下げてお尻を高くなる姿勢を3分から5分間維持。その後、私の場合、左側にパタンと倒れて休憩します。(医者の指示により)

妊婦がこの姿勢をするのは凄いキツイです。息切れし、汗が吹き出ます。

ついでにもう1つ体操しました。

猫のポーズのおかげなのか、赤ちゃんが動いて止まらないので、そのまま逆子体操をしました。

仰向けで足をあげ壁を利用して姿勢を維持。さらにおしりの下にクッションを敷き、高くあげた状態を数分やってみることにしました。

胎動により30分間程、腹部に痛みがありました。

私は赤ちゃんに話しかけながらでした。

「無理しないで。一気にじゃなくていいから、ゆっくり頭を下にしてね〜。」

「へその緒が首に絡まないようにね。」

「動いてくれてありがとう。」

今までは胎動を膀胱側で感じましたが、逆子体操後はへそより上側に変わったような気がしています。

次のエコー検査の結果をうっすらと期待します。

ご愛読ありがとうございました。

胎児発育不全児、推定体重の増え方。(まとめ)  母胎の私には、高血圧や貧血、妊娠糖尿病などはありません。エコー検査では前置胎盤や血流に異常ありません。ただ子宮筋腫が2つあるよう...







RELATED POST